トップ コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

コンタクトレンズ・眼鏡ナビ眼鏡の選び方 > 眼鏡を作るには

眼鏡を作るには

眼鏡を作るにはの画像

どのような眼鏡が良い眼鏡なのでしょうか?眼鏡を掛けることによって、眼鏡がない正常な視力の人と同じような視力に矯正することができる眼鏡が理想的な眼鏡です。

良い眼鏡を作るためには、まず確実な検眼が必要です。検眼とは屈折度検定のことで、近視・乱視・遠視などの眼の度を調べることです。眼の度数に一致していても、快適に着用できるようになっている必要があり、常用できる実用眼鏡を選ぶことも大切です。瞳孔間距離・乱視の軸・眼と眼鏡の距離・眼鏡の傾斜などを考慮し、正確な加工を行うことも必要です。これらに従ってできた眼鏡は、眼鏡をかける人の希望にあっているかどうかを確認しなければなりません。当人の希望であっても、眼に悪いと思えるような眼鏡を作るのは、当然良くありません。

私のお店でもそうした事態が起きた場合には、お客様の納得がいくように説得し、諦めてもらいます。今はまだ店長にお願いしている状態ですが、私自身で説得できるように知識を身に付けようと勉強中です。色々なお客さんの眼鏡を作って経験値を上げることも大切ですよね。そうそう、日本人の眼には「光線避け」がいらないと考えている人が多いのですが、そんなことはありません。目元をよりはっきりしたいとか、目元をぼかしたいという希望のある人や、多焦点レンズを希望している場合には、目立たないようなものがいいでしょう。

最後に眼鏡のフレームに関してですが、オシャレでかける眼鏡と仕事で使う眼鏡を使い分けるようにすることも大切だと思いますよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


コンタクトレンズ・眼鏡ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ドライアイ用眼鏡について

最近、ドライアイに悩んでいる人が増えています。ドライアイとは、文字通り目の表面が乾燥してしまい、目が疲れやすくなったり目に不快感を感じる症状のことです。ひどくなると、目を開けることができなくなることもあるようです。エアコンなどによって空気が乾燥することに加えて、長時間携帯やパソコンやテレビの画面を見ることが増えたため、ドライアイは誰もがなる可能性があり、現代病の一つとも言われるようになっています。また、コンタクトレンズを使っている人は、ドライアイで角膜を傷つける恐れがあるの

コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。