トップ コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

コンタクトレンズ・眼鏡ナビ眼鏡の選び方 > 遠近両用眼鏡について

遠近両用眼鏡について

遠近両用眼鏡についての画像

遠近両用眼鏡といわれると、年配の人が使う遠視用と近視用のレンズが並んでいる眼鏡をイメージする人がほとんどだと思います。しかし、最近の遠近両用眼鏡は、レンズの境目がないものも増えています。パッと見では、普通の眼鏡と変らないようになってきています。遠近両用眼鏡のレンズの仕組みはどのようになっているのでしょうか。

従来の遠近両用眼鏡は、二重焦点レンズになっています。近く用のレンズが下の方にあり、視線を下げると手元や近くが見やすくなります。レンズに境目がありますので、視線が境目を越えるとき、見え方が急激に変化します。一方、レンズに境目がないレンズは、累進屈折レンズで、少し複雑にレンズの度数が設定されています。

遠近両用眼鏡のメリットは、眼鏡をかけはずすことなく物が見えることです。しかし、それは万能ではありません。累進帯という遠用の度数から近用の度数へ段階的に変わる累進帯部分があり、遠くと近くの間の中間を見るのには適していますが、視線や体の動きに対して見え方が変化し、ゆれるような気持ちの悪さを感じることがあるようです。

まずは、この遠近両用眼鏡に慣れることが大切でしょう。まずは座るなど止まった状態から、慣れていきます。ある程度なれてきたら、部屋の中をゆっくり歩いてみたり、日常生活の動作をしてみたりしてください。いい感じなったら、階段にも挑戦してみましょう。屋内での使用に慣れたら、今度は外での使用を開始します。車の運転は、かなり慣れてからの方が無難ですね。



スポンサー広告

ネットショップ広告


コンタクトレンズ・眼鏡ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ コンタクトレンズの汚れ

コンタクトレンズは直接目に入れるものであり、汚れは大敵です。レンズに付着する汚れには、大きく分けて二種類の汚れがあります。一つは身体の外から来る汚れで、もう一つは体の中から来る汚れです。まずは、身体の外から来る汚れについて説明しましょう。具体的には、汗やホコリや化粧品の他、レンズに触れる指先に付いた汚れなどがあります。また、カビや細菌などの雑菌もそうです。 また、体の中から来る汚れには、涙腺やマイボーム腺や角膜・皮膜からの分泌物に含まれるタンパク質・脂質・カルシウムなどがあ

コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。