トップ コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

コンタクトレンズ・眼鏡ナビ眼鏡の知識 > ドライアイ用眼鏡について

ドライアイ用眼鏡について

ドライアイ用眼鏡についての画像

最近、ドライアイに悩んでいる人が増えています。ドライアイとは、文字通り目の表面が乾燥してしまい、目が疲れやすくなったり目に不快感を感じる症状のことです。ひどくなると、目を開けることができなくなることもあるようです。エアコンなどによって空気が乾燥することに加えて、長時間携帯やパソコンやテレビの画面を見ることが増えたため、ドライアイは誰もがなる可能性があり、現代病の一つとも言われるようになっています。また、コンタクトレンズを使っている人は、ドライアイで角膜を傷つける恐れがあるので注意が必要です。

そんなドライアイの人向けに、ドライアイ用眼鏡が登場しています。ドライアイ用眼鏡と言われると、ゴーグルタイプのゴツイ眼鏡をイメージする人も多いでしょう。スキーなどをする時ならともかく、オフィスなどでそうした眼鏡をするのは躊躇われる人も多いと思います。

しかし、普通の眼鏡タイプのドライアイ用眼鏡も増えているので安心してください。エアコンや扇風機の風が直接当たる場所や乾燥した室内での作業が必要な方は、乾燥を防止するカバーがあります。ワンタッチでお手持ちの眼鏡に装着できるので、日常生活をしている時にははずしておけば大丈夫です。遠近両用メガネ・近視メガネ・乱視メガネ・サングラスなどあらゆるタイプの眼鏡に対応し、新しく眼鏡を買う必要がないのもうれしいですよね。また、パソコン用の眼鏡の中にはドライアイ対策を施したものがありますよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


コンタクトレンズ・眼鏡ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ コンタクトレンズが入らない

コンタクトレンズを入れるのが苦手という人は多いと思います。毎日使用している人はともかく、たまに使用する人に多いでしょう。ある程度の慣れが必要とは思いますが、入りにくい人もいるようです。よく言われるのが、ドライアイの人が入りにくいというものです。目が乾いていると、入りにくいようです。コンタクトを使う前に、人工涙液などの点眼を使うことをオススメします。 目が小さいと入らないのでは?と考える人もいますが、そんなことはありません。人間の眼球の大きさは、それほど大差はありません。目が

コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。