トップ コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

コンタクトレンズ・眼鏡ナビコンタクトレンズについて > コンタクトレンズの価格

コンタクトレンズの価格

コンタクトレンズの価格の画像

少し前までは、コンタクトレンズの購入は眼科医もしくはコンタクトクリニックで処方してもらわなければ、することができませんでした。しかし、最近では、インターネット通販などでも購入することが可能になりました。面倒な診察をせず、しかも比較的安い価格で購入することができるので、こうしたコンタクトレンズ通販サイトを利用する人が増えているようです。

平成21年11月4日の薬事法改正前までは、ファッションレンズや度なしのカラコンなど視力補正を目的としない、「度数」なしのコンタクトレンズは「雑貨」扱いでしたが、現在では高度管理医療機器の扱いとなっています。そのため、高度管理医療機器販売の許可を得ていないお店や通販ショップしか、日本国内でコンタクトレンズを販売することができなくなっています。インターネットを検索すると、コンタクトレンズの通販サイトの価格を比較して最安値を調べているサイトを見つけることができます。サイトによっては、タイプ別・メーカー別で探すことができ、ハードや乱視用コンタクトレンズの激安情報もあります。

とはいえ、「価格が安い」と「安心感がある」「信頼できる」は両立するとは限りません。購入の前には、そのショップのサイトをチェックしておくことをオススメします。また、商品代金に送料や手数料が含まれているかどうかもチェックが必要です。商品代金そのものは安くても、そうした諸経費をプラスしたら逆に高くなったということもありますよ。



スポンサー広告

ネットショップ広告


コンタクトレンズ・眼鏡ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 遠近両用眼鏡について

遠近両用眼鏡といわれると、年配の人が使う遠視用と近視用のレンズが並んでいる眼鏡をイメージする人がほとんどだと思います。しかし、最近の遠近両用眼鏡は、レンズの境目がないものも増えています。パッと見では、普通の眼鏡と変らないようになってきています。遠近両用眼鏡のレンズの仕組みはどのようになっているのでしょうか。 従来の遠近両用眼鏡は、二重焦点レンズになっています。近く用のレンズが下の方にあり、視線を下げると手元や近くが見やすくなります。レンズに境目がありますので、視線が境目を越

コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。