トップ コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

コンタクトレンズ・眼鏡ナビコンタクトレンズについて > コンタクトレンズと眼鏡

コンタクトレンズと眼鏡

コンタクトレンズと眼鏡の画像

コンタクトレンズも眼鏡も視力矯正のために使用されますが、両者の間には様々な違いがあります。一番の違いが、眼鏡が眼から離れた位置で使用するのに対し、コンタクトレンズは角膜の上に涙を介して浮んでいることです。コンタクトレンズは、眼鏡に比べて視野が広く、歪んだり見え方のサイズが違ったりということも少ないです。その代わり、簡単に取り外しができないという難点があります。

眼にゴミが入った時やコンタクトレンズがずれたりした時には大変です。コンタクトレンズなら顔のイメージを変えずにオシャレができる一方で、眼鏡ならファッションアイテムの一つにすることができます。コンタクトレンズにも眼鏡にも、どちらにもメリットとデメリットがありますので、ライフスタイルや眼の状態に合わせて使い分けることをオススメします。

ところで、コンタクトレンズをしている人が眼鏡を作る時、コンタクトレンズをはずした直後は、正しい視力測定ができないことに注意が必要です。コンタクトレンズをすると、眼がコンタクトレンズのカーブになじんでしまい、そのカーブが元に戻るのにはある程度の時間がかかるからです。元に戻る前の状態で測定すれば、度数の強い眼鏡になったり、乱視が強く出る眼鏡になってしまう可能性があります。少なくとも、前日の帰宅後からはコンタクトレンズをはずしておくことをオススメします。

コンタクトレンズと眼鏡を上手に使い分けて、少しでも目に不自由のない生活をして欲しいと思います。



スポンサー広告

ネットショップ広告


コンタクトレンズ・眼鏡ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 眼鏡を掛ける基準

眼鏡を掛けるといっても、どんなシーンで眼鏡を使うかによって基準も変ってくると思います。年配の人向けの眼鏡にも、キッズ向けの眼鏡にもバリエーション増えています。 インドアの場合には、レンズ選びが大切になります。室内で作業する場合には、近距離から中距離用のレンズがオススメです。というのも室内での作業は、新聞や本を読むとかパソコン作業をするとか携帯電話でメールするとか、主に手元から4~5mの距離がもっとも多いからです。職場で会議などに使用する場合には、中距離用のレンズです。どのシ

コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。