トップ コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

コンタクトレンズ・眼鏡ナビコンタクトレンズの注意点 > コンタクトレンズによる目の病気

コンタクトレンズによる目の病気

コンタクトレンズによる目の病気の画像

コンタクトレンズは素晴らしい器具なのですが、コンタクトレンズ使用者が増えることによって眼障害の数も増えています。とりわけ、中学生、高校生のコンタクトレンズ装用による被害が増えているようです。ここでは、コンタクトレンズを使用することでかかりやすい目の病気について説明します。

最も多いコンタクトレンズ眼障害が、点状表層角膜症です。自覚症状がなく原因も様々で、ハードコンタクトレンズ特有のもの、ソフトコンタクトレンズ特有のものがあります。また、最近急増しているのが、巨大乳頭結膜炎です。主にソフトコンタクトレンズ装用者にみられ、目がかゆくなり、コンタクトレンズがずれやすくなります。原因はコンタクトレンズに付着した汚れが原因で、進行すると大きなコブ状のブツブツ(乳頭)がまぶたの裏側にできます。コンタクトレンズのトラブルの中でも特に重篤なのが、角膜潰瘍です。ソフトコンタクトレンズ使用者に多く、角膜表面に深い傷ができます。痛みや充血、視力の低下などが起き、失明につながるケースもあるので注意が必要です。

コンタクトレンズによる眼障害の原因は、コンタクトレンズのケアを怠ったケースかコンタクトレンズが合っていないケースです。毎日の消毒は絶対に欠かさないようにしてください。そして、目の調子が悪かったらコンタクトレンズは装用しないようにしましょう。そして、定期検査を必ず受けるようにし、眼科医から軽症の段階で適切な指導を受けましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


コンタクトレンズ・眼鏡ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ はじめてのコンタクトレンズ

コンタクトレンズを使ったことのない人にとって、目の中にレンズを入れるなんて考えられないと思うのではないでしょうか?ここでは、コンタクトレンズ初心者向けに、コンタクトレンズについて説明したいと思います。 コンタクトレンズの材料はプラスチックで、角膜(いわゆる黒目)にのせて使う、視力矯正用の高度管理医療機器です。眼鏡と比較して、自然な見え方をして視力矯正力も優れていると言われています。白内障術後の患者やメガネの矯正で視力の出ないケースにも適応します。現在、日本人の10人に一人は

コンタクトレンズ・眼鏡ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。